修復歴がある車に査定額はつくのか?普通に売ることは可能です!

 

車は修復歴がある場合でも、売却するにあたってはあまり問題はありません。

 

だから気にせず買取を依頼することをお勧めします。

 

確かに修理した跡がない車と比較すれば買取金額は下がってしまいます。

 

ですが廃棄処分をすることを考えれば金額が下がっても車を売ってお金を手に入れた方がずっとお得です。

 

どうして修復暦がある車は買取価格が下がるのかと言えば、修復の程度が判断出来ないからです。

 

以前どんな修復をしたのか、何故修復が必要だったのか分からないので、買取店の査定士は不確定要素が多い車に高額なお金は支払うことはありません。

 

修復した程度により再度故障が起こる恐れがあり、最悪のケースでは事故が起こるリスクがあるから通常の相場と比較すると低い査定額なのはある意味仕方がないと言えます。

 

そして買い手側も分かっているので、販売してもすぐには売れない可能性が高いのです。

 

 

 

修復歴があっても査定額がつく理由とは

 

ですが現実問題普通に査定額は付くので車を売ることをお勧めします。

 

今は大抵のケースではきちんと修復できる業者ばかりなので、以前みたいな手抜きの修復はほとんどないと言えます。

 

修復を依頼した車屋さんに査定を依頼すれば修復の状況、程度も理解している分高く買取してもらえる可能性があります。

 

ですがあくまで可能性で、必ずしもその買取業者が高価買取をしてくれるとは断言できないのでその点は理解しておいて下さい。

 

愛車を査定するならこちらも読んでおきたい
>>10年落ち・10万キロの車を売却するには

 

>>不動車や故障車を売るために大切なこと