ローンがある車も買取してもらえます!査定額が支払い残を下回るときには

 

ローンを払い終わっていない車。

 

支払いが終わっていないと、車は買い取ってもらえない、なんて思っていませんか?

 

車はローンの残債があっても買取してもらえることをご存知ですか?

 

・ローンがまだあるから車を買い取ってもらうことはできない
・車のローンがまだ残っているから、完済してから車を買い替えよう

 

このように思っている方はとても多いです。

 

確かに、車の買取は車検証に記載の所有者が、ご自身でないとしてもらうことはできません。

 

しかし、今ではローン返済サービスというものがあります。

 

一体、ローン返済サービスとはどういう仕組みなのでしょうか。

 

他の消費者金融からお金を借りて完済して所有者を自分にする

 

などといった危なっかしい方法ではありません。

 

車を買い取ってくれる業者が、あなたに代わって車のローンを返済してくれるのです。

 

車を査定に出して、その査定額がローンの残債より上回っていた場合は、買取金額でその肩代わりしてもらった金額を完済することもできます。

 

例)
車のローンの残債が30万円だとして、買い取り査定額が50万円だったら→買い取り額の50万円からローン残債の30万円を引いた20万円を受け取ることが出来ます。

 

また、査定額がローンの金額よりも低かった場合でも、車の買取金額分を肩代わりしてもらったローンの返済額から差し引きすることができます。

 

例)車のローン残債が30万円だとして、買い取り査定額が20万円だったら→買い取り額の20万円を30万円のローン残債にあてて、残り10万円の支払いでOKです。

 

もちろん、肩代わりしてもらったローン残債分を毎月のローンにして、車の買取金額は次の車購入の費用に当ててもOKです。

 

どうですか?車の乗り換えに選択肢が広がりますよね。

 

このような便利サービスがあるので、車を買い替えたいのに返済まで待つという選択は非常にもったいないです。

 

 

 

愛車を買い替えるベストなタイミングとは?

 

もちろん計画性を持って車の購入をすることは大前提です。

 

しかし、返済し終わるまで待っていたら、その分車の査定額も現在よりは落ちることになってしまいます。

 

古いモノより新しいモノの方が査定額は上なのです。

 

いつ買い替えるかはあなた次第です。

 

先のことを考えて、今後のカーライフの選択をしましょう。